株式会社ICBMは大阪のホームページ制作会社です。

古いホームページをリニューアルしたい

ホームページのリニューアルを
躊躇させる問題点は全て解決させます

2000年代に入ってからインターネットの変化は激しく、数年前のホームページは「古くさいもの」になったのは、パソコンから派生したスマホやタブレットの出現でインターネットに触れる環境は急激な変化をもたらした事が大きな原因です。

「10年前につくったホームページが古すぎて新しく作り直したい」

「今のホームページをつくった制作会社が倒産したので、どうすることもできない」

などのご相談を多くいただいております。

ホームページのリニューアルするタイミングは企業によって様々ですが、

  • ・デザイン面や機能面の劣化
  • ・システム上の不具合
  • ・ロゴマークや社名の変更・社長の代替わり

不便差が限界に達した時にご相談される事が多い印象です。

御社の不便性などを考慮にいれるのはもちろんですが、ホームページの利用者にむけての利便性を第一に考える必要があります。
御社のホームページを利用するユーザーが今のホームページを見てどう判断するかを考えていただければと思います。

もし古いホームページの閉鎖を考えてる方は

「別に古いホームページに何の思い入れもないし、閉鎖しちゃおうかな…」と考えてるお客様はちょっと待って下さい!!
もしかしたら古いホームページを活かして御社のホームページをパワーアップさせる事ができるかもしれません。
というのは、ドメイン(URLの http://の後ろの部分)がリニューアル時に有利になるかもしれないからです。
古いドメインは新しいドメインよりもSEO(検索上位にさせるための施行)に有利に働く事があるからです。
もし現在の古いホームページが「地域 業種」などで検索した際にそれなりの上位表示をキープできている場合は、

古いドメインを活かしたままリニューアルをする事をおすすめします。

「そうはいってもホームページから何の問い合わせもないし…」
と言われたら、それはホームページのつくりに問題があるからです。現在のトレンドを取り入れ、機能を充実させれば、ホームページの効果を格段に向上させることができます。

弊社では古いホームページのリニューアルへのサーバーやドメインの移管なども制作内容に入っておりますので、専門的な作業については依頼者様にして頂く必要はありません。

リニュアール時に抱える心配な点と解決策

とはいってもホームページのリニューアルは、それなりのエネルギーが必要になります。
ホームページのリニュアールホームページ単体だけの話ではなく、色々絡んできます。

  1. ドメインやサーバーを引き継げるのか?

    製作会社が変わってもドメインの所有者が御社である限りは権利はこちらにあります。ドメインの年間の費用を現在の製作会社が行っている場合は「譲渡」という形になります。
    ※ただし、リース契約等の場合はドメインの所有者が製作会社側になっている場合もあるので、確認が必要です。
    サーバーに関してはレンタルサーバーを変えればよいのですが、御社用のレンタルサーバーを使っているのなら、それをそのまま引き継がせてもらえる場合もあります。

    ホームページのリーズ契約については以下のエントリーを参考にして下さい。
    ホームページのリース契約には気をつけよう!地方の飲食店や美容室などの小規模店舗様に注意勧告

  2. メールの設定は?同じアドレスを使えるのか?

    ドメインを引き継ぐことができれば、同じアドレスを使うことは可能です。
    メールアドレスに関しては、最近のレンタルサーバーは(100件〜無限)に取得することができます。
    ただし、レンタルサーバーを変えるとメールソフトの設定(受信サーバー・送信サーバー・パスワードなど)が変更される場合があるので、再設定が必要になります。
    弊社ではメール設定に詳しくない人向けのメール設定のガイダンスや大阪府内であれば、ご訪問してのメール設定サービスなども承っていますので、ご安心下さい。

  3. 古いホームページの画像や文章は?

    画像も文章も所有者が御社であれば問題なく使用することができます。
    ただし、文章は製作会社が作成して権利が向こうにある場合は使用できないかもしれませんので、確認が必要になります。
    弊社では「ホームページの素材用の写真撮影」「コンテンツ支援のためのライター派遣」なども承ているので、お気軽にご相談下さい。
    文章はホームページにおいて非常に重要なポイントですので、「新たに作成する」「リライトする」など最適なご提案をさせていただきます。

ホームページのリニューアル事例

国松株式会社TOPページ

旧サイトの問題点

以前のホームページはFlash全盛のアニメーションをメイン画像に昔のモニターサイズをベースにした現在のモニターでは細すぎる横幅でした。当然スマホ対応もできていません。iPhoneではFlashのアニメーションは表示できないのでメイン画像がぽっかり空いた状態でした。

重要なのはコンテンツ内容の洗い出し

まず、旧サイトの情報を洗い出し不足コンテンツの抽出を行い、実際に訪問し機材などを見せていただき加工技術を1つずつページ化することで社内で可能な加工技術を理解してもらえるように提案しました。
その提案で不足していたのはやはり素材として使う写真だったので、撮影した機材が全て稼働している日選んでいただき、カメラマンを派遣し約1日かけて撮影を行いました。
さらに、取扱商品についても編集や追加を国松株式会社様側でできるように、管理画面で新着情報と各種製品を更新可能にしました。

ページ数を増やして、内容を濃くすることで今まで圏外だった「大阪 ポリ」で上位ランクをキープする事ができました。
また、サーバーの移行も行ったので、メールアドレスは同じにしてリニューアル後の各種パソコンの設定なども運用フォローとしてお手伝いさせていただきました。

スマホ対応は必須として、レスポンシブWebデザインで対応しています。

他にもホームページを使ってしたい事がありますか?